【スポンサーリンク】

マジックがデニス・スミスJrのトレード獲得に動く?

再建中のニューヨーク・ニックスは、オフシーズン中にロスターを再編成すると見られている。

ガードのRJ・バレットとセンターのミッチェル・ロビンソンを除く全員がトレード対象になると噂されているが、キャリア3年目を終えたポイントガードにトレードの噂が浮上した模様。

clutchpoints.comによると、オーランド・マジックがデニス・スミスJrのトレード獲得に動く可能性があるという。

マジックのベテランポイントガードであるDJ・オーガスティンはこのオフシーズンに完全FAになり、他チームに移籍する可能性がある。

元NBAドラフト1位プレイヤーであるマーケル・フルツは怪我のリスクがあり、マジックとしてはフルツをサポートできるポイントガードをロスターに入れておきたいところだろう。

2017年のNBAドラフト8位でダラス・マーベリックスに入団したスミスJrは、マブスの未来を担うプレイヤーとして期待されていた。

だが、マブスは翌年のNBAドラフトでルカ・ドンチッチを指名すると、シーズン中のトレードでスミスJrを放出。

今季のスミスJrは十分な出場時間を得ることができず、低迷していた。

マジックは2年連続でNBAプレイオフに進出したものの、いずれもファーストラウンドで敗退。

さらに高みを目指すには、スコアリング能力のあるプレイヤーが不可欠とされている。

このトレードが実現すれば、スミスJrとしてもNBAキャリアを復活させる大きなチャンスとなりそうだ。

なお、スミスjrの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数34156
平均出場時間15.826.2
平均得点5.512.5
平均リバウンド2.33.2
平均アシスト2.94.5
平均スティール0.81.1
平均ターンオーバー1.72.6
FG成功率34.1%40.0%
3P成功率29.6%31.4%
フリースロー成功率50.9%64.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA