【スポンサーリンク】

ニックスのデイミアン・リラード獲得に向けたトレードプランとは?

ニックスのデイミアン・リラード獲得に向けたトレードプランとは?

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAオールスターポイントガード、デイミアン・リラードには、トレードの噂が浮上している。

リラードがトレード市場に出た場合、多くのNBAチームが獲得を狙うのは間違いない。

そのうちの1チームが、NBAプレイオフに復帰したニューヨーク・ニックスだ。

ニックスはリラードとブレイザーズの状況を絶えずモニターしているというが、もしブレイザーズがリラードのトレードを決定した場合、ニックスはどのようなトレードオファーを出すのだろうか?

clutchpoints.comによると、ニックスはリラードをトレードで獲得するため、NBAドラフト1巡目指名権3つを含めたパッケージでオファーを出す可能性が高いという。

ニックスは今後3年間のNBAドラフト1巡目指名権を5つを保有している。

ブレイザーズがリラードをトレードで放出するということは再建期突入を意味するため、NBAドラフト1巡目指名権は魅力的なオファーと言えるだろう。

だが、リラードはNBAを代表するスーパースターであり、ブレイザーズはさらなるNBAドラフト1巡目指名権や若手有望株とのトレードを要求する可能性がある。

ただし、現時点でリラードがブレイザーズを離れる可能性は低い。

ブレイザーズは指揮系統を見直し、またロスターも再編する見込みであるが、リラードの意見を反映すると見られている。

そのため、もしリラードがトレード市場に出るなら今年夏ではなく、来年夏ということになるだろう。

なお、ブレイザーズのエネス・カンターはリラードについて以下のように語っている。

彼はポートランドですべてを勝ち取りたいと思っているよ。

マーケットの規模については本当に気にしていない。

今季もファーストラウンドで敗退してしまったのだから、不満に思うのは当然のことさ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA