【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードがブレイザーズ批判記事を受け「それが彼の考え」

デイミアン・リラードがブレイザーズ批判記事を受け「それが彼の考え」

NBAスーパースターのデイミアン・リラード擁するポートランド・トレイルブレイザーズは、7年連続でNBAプレイオフに進出している。

だが、NBAファイナルに進出したことは一度もなく、最高成績は2018-19シーズンのカンファレンスファイナル進出。

当時はゴールデンステイト・ウォリアーズにスウィープされた。

このような状況を受け、Yahoo Sportsのクリス・ヘインズ記者は先日、「リラードはフラストレーションを溜め込んでいる」、「ブレイザーズは第2のNBAスター獲得にもっと積極的に動くべき」などと指摘。

ヘインズはリラードと親交があるため、ヘインズの記事はリラード側から出たものと考えているNBAファンも少なくない。

そのため、リラード自らヘインズの記事に言及した模様。

リラードによると、一部は正しいが、一部はリラードではなくヘインズ個人の見解だという。リラードのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

あるがままに受け止めたよ。

それが彼の考えなんだとね。

何と言うべきか分からないが、彼にイライラしたわけではない。

なぜなら、彼はライターであり、彼は彼の仕事をしたのだからね。

彼が仕事をしないことを僕は望んでいない。

だが、僕たちの関係があるから、人々はそのストーリーに僕を結びつけてしまう。

ただそれだけが気がかりなんだ。

リラードによると、フラストレーションが溜まっているのは事実だが、フロントオフィスやチームメイトに対するフラストレーションではなく、しつこい怪我によるフラストレーションだという。

リラードがFAになる可能性があるのは2024年夏であり、現時点では少なくともその頃までブレイザーズのユニフォームを着てプレイすると見られている。

だが、ブレイザーズの状況が変わらなければ、リラードの気持ちは変化してしまうかもしれない。

ブレイザーズをNBAコンテンダーに変えるため、フロントオフィスがどう動くのか注目が集まるところだ。

なお、ブレイザーズを指揮するテリー・ストッツHCには解雇の噂が浮上している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA