【スポンサーリンク】

ドノバン・ミッチェル「来週何をして過ごせばいいのか分からない」

ドノバン・ミッチェル「来週何をして過ごせばいいのか分からない」

ウェスタン・カンファレンス首位でNBAプレイオフに進出したユタ・ジャズには、フランチャイズ初となるNBAタイトル獲得の期待がかかっていた。

だが、NBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルで敗退。

ロサンゼルス・クリッパーズ相手に先に2勝をあげたものの、NBAオールスターのドノバン・ミッチェルとマイク・コンリーが怪我に苦しめられたことあり、4連敗を喫することとなってしまった。

第6戦では25点の大量リードを失っての敗戦だったため、ミッチェルはショックを隠しきれなかったという。ミッチェルのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

(足首に)痛みがあった。

それを乗り越えようとした。

どんな手を使ってでも、プレイする方法を見つけようとした。

ショックだ。

来週何をして過ごせばいいのか分からない。

おそらく試合を観戦するだろう。

本当に怒りを覚える。

昨季以上にショックだ。

この先長く僕をイライラさせるだろう。

コーチ陣はすごく良く調整してくれた。

僕たちが実行しなかっただけだ。

コートにいた選手たちの責任だ。

また、ハムストリングに問題を抱えながらも第6戦で復帰したコンリーは、以下のように語っている。

当初、僕はこのシリーズの全試合プレイできないと言われていた。

先週金曜日のことだ。

第6戦が今季最後の試合になるかもしれなかったから、試してみなければならなかった。

だが、うまく動けなかったんだ。

タフな夜だった。

ジャズはミッチェル、コンリー、ルディ・ゴベールとNBAオールスターを3人擁するチームだが、今回の結果を受け、今の体制では限界があるという見方が増えつつある。

コーチ陣を変更するのか、それともロスターに手を加えるのかは分からないが、いずれにせよジャズにとって来季は重要なシーズンとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA