【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC「レジー・ジャクソンはよくやってくれた」

ドック・リバースHC「レジー・ジャクソンはよくやってくれた」

現地23日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ対ダラス・マーベリックスのファーストラウンド第4戦は、ルカ・ドンチッチの劇的な3Pによりマブスが勝利した。

オーバータイム最終盤、ドンチッチはレジー・ジャクソンをステップバックでかわして3Pを成功させたわけだが、「なぜディフェンスはスイッチしたのか?」と疑問を感じたクリッパーズファンは少なくないだろう。

もしスイッチせず、NBA有数のディフェンダーであるカワイ・レナードがマッチアップしていたら、ドンチッチを止めることができていたかもしれない。

レナードはスイッチについて「ゲームプラン通りだった」と明かしたというが、指揮官のドック・リバースHCは最終盤のスイッチについてこう話したという。clutchpoints.comが伝えている。

終盤は常にすべてスイッチしている。

ただ、今回はスイッチしないと思っていた。

我々はスイッチしてしまった。

スイッチしてしまったんだ。

我々はスイッチし、彼らのベストプレイヤーに残り3秒でボールを持たせることを許してしまった。

ルカはショットを決めた。

我々は何か仕掛けたかったが、3秒しか残っていなかった。

全体を通してみると、レジーはかなり良くやってくれたと思うよ。

だが、最後のプレイでシュートを撃たせてしまった。

ただ、最後のプレイが我々に黒星をもたらしたのではなく、第2Q以降の我々のプレイが問題だったんだ。

そう話すリバースHCだが、インバウンドパス対策としてビッグマンをインバウンドパサーにつけるなど、やれることをすべて尽くしたとは考え難い。

また、ダブルチームを仕掛ける方法もあっただろうが、この結果を第5戦にどう繋げるかが重要だ。

リバースHCにはクリッパーズを勝利に導く手腕を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA