【スポンサーリンク】

ジャ・モラント アンドレ・イグダーラに「もっと良い方法があった」

メンフィス・グリズリーズのルーキーガード、ジャ・モラントは、グリズリーズの一員としてプレイすることを拒否したアンドレ・イグダーラに対し、痛烈に批判した。

その後、イグダーラはトレードでマイアミ・ヒートへ移籍。

モラントとイグダーラがチームメイトとしてプレイすることはなかった。

当時はステフィン・カリーなど多くのNBAプレイヤーたちがイグダーラを擁護するコメントを発したが、モラントが一連の出来事について言及した模様。

モラントはイグダーラについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「彼のことは人として、プレイヤーとしてリスペクトしてるよ。このリーグにおいて、彼はベテランだ」

「ただ、彼が全国放送の中で取り扱ったことに対しては、俺はリスペクトしない。もっと良い方法があったと思う。でも、もう過去のことさ。俺たちは今いるみんなに集中しなきゃいけないし、プッシュし続けなきゃいけないんだ」

今季のルーキー・オブ・ザ・イヤー筆頭候補であるモラント率いるグリズリーズは、現地22日の時点でウェスタン・カンファレンス8位。

2016-17シーズン以来となるプレイオフ進出がかかっているだけに、今は目の前の戦いに集中したいところであろう。

イグダーラとは離れることになってしまったものの、対戦した際にはグリズリーズの強さを証明するパフォーマンスを見せてもらいたい。

なお、今季のモラントは50試合に出場し、平均29.9分のプレイで17.6得点、3.4リバウンド、6.9アシスト、1.0スティール、FG成功率49.2%、3P成功率35.5%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA