【スポンサーリンク】

ケリー・ウーブレが今季2試合でレイアップとジャンプショットすべてミス

NBAを代表するシューターのクレイ・トンプソンがアキレス腱断裂で今季全休を余儀なくされたため、アンドリュー・ウィギンスとケリー・ウーブレにはスコアリングでチームを助ける働きが期待されている。

だが、ウィギンスとウーブレは今季2試合を終えた時点で安定したパフォーマンスを見せることができず、ウーブレに至っては大不調と言っても過言ではないだろう。

statlineによると、ウーブレは今季2試合を終えた時点でレイアップ7本をすべて失敗、さらにジャンプショット13本をすべて失敗しているという。

ウーブレがスコアリングで貢献できなければ、エースのステフィン・カリーにディフェンスが集中してしまう。

実際にカリーは厳しい戦いを強いられており、ウーブレとウィギンスのサポートがなければ今後も徹底的にマークされるだろう。

先日のクリスマスゲームでもナルト走りで颯爽とコートインしたウーブレ。

ショットタッチはいずれ戻ってくるだろうが、それだけにとどまらず、仙人モードでゴールデンステイト・ウォリアーズを牽引するプレイを見せてもらいたい。

なお、ウーブレの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数2350
平均出場時間22.524.1
平均得点4.510.8
平均リバウンド6.04.2
平均アシスト1.50.9
平均スティール1.00.9
平均ターンオーバー2.51.0
FG成功率16.7%
(4/24)
42.9%
3P成功率0%
(0/11)
32.6%
フリースロー成功率50.0%
(1/2)
77.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA