【スポンサーリンク】

NBAキャリア18年目のレブロン・ジェイムス「常に準備できた状態であれば準備する必要はない」

NBAキャリア18年目のレブロン・ジェイムス「常に準備できた状態であれば準備する必要はない」

NBAキャリア18年目を迎えたレブロン・ジェイムスには、ロサンゼルス・レイカーズをNBA連覇に導く働きが期待がかかっている。

間もなく36歳になるということもあり、一貫したパフォーマンスを維持できるか危惧されるところだが、NBAで長く戦ってきたジェイムスに抜かりはないようだ。

ジェイムスによると、いつでも最高のプレイをできるように常にトレーニングをして準備を整えているという。

ジェイムスは自身のコンディショニングについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は何があっても自分の身体を鍛えている。

君たちが思っているようなキャリア18年目の男ではない。

僕は長く戦うために身体を鍛えている。

常に準備をしていれば、準備する必要はまったくないんだ。

ジェイムスによると、身体のケアはNBA入りした時から始め、今も変わらず続けているという。

とはいえ、身体の衰えが顕著になる時はやって来るだろう。

その時ジェイムスがどのように対処するのか注目が集まるところだ。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数21267
平均出場時間30.038.4
平均得点22.027.1
平均リバウンド6.07.4
平均アシスト7.57.4
平均スティール0.51.6
平均ターンオーバー4.03.5
FG成功率42.9%50.4%
3P成功率37.5%34.4%
フリースロー成功率72.7%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA