【スポンサーリンク】

スティーブ・カーHCがステフィン・カリーの3Pシュート連続105本成功に「正気の沙汰ではない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBA史上最も偉大な3Pシューターのひとりだ。

ロングレンジ3Pはもちろんタフな3Pシュートもことごとく決め、ディフェンスに苦難をもたらしているカリー。

そのカリーが練習中に約5分間で3Pシュートを連続105本成功させるという離れ業をやってのけた。

長年にわたってカリーを見続けてきたスティーブ・カーHCでさえ、カリーの離れ業に驚きを隠せなかったようだ。

clutchpoints.comによると、カリーのシューティングを見ていたというカーHCは以下のようにコメントしたという。

正気の沙汰でないよね。

おそらく世界記録だろう。

もしギネス記録があるなら、これを加えるべきだ。

(106本目を失敗した時)彼は怒っていたよ。

カリーは今季2試合で3Pシュート20本中4本、成功率わずか20%とショットタッチを掴むことができていない。

だが、練習とはいえ105本連続成功という誰にも真似できないな記録は、カリーにさらなる自信を与えるだろう。

ウォリアーズが次に対戦するのは、同じく開幕2連敗中のシカゴ・ブルズ。

カリーには久しぶりに爆発し、ウォリアーズに今季初勝利をもたらしてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA