【スポンサーリンク】

レイカーズがデリック・ローズのトレード獲得に再チャレンジ?

NBA王者のロサンゼルス・レイカーズは昨季、バックコート強化のために元MVPであるデリック・ローズのトレード獲得を狙うと報じられた。

レイカーズは実際にピストンズに接触し、ローズのトレードについて打診したが、ピストンズはローズを重要な一員として見ており、レイカーズのトレードオファーに応じなかったという。

だが、現地3月25日のトレード期限が近づくにつれ、トレードの噂が再浮上するかもしれない。

heavy.comによると、レイカーズがバックコートの強化が必要であると考えた場合、再びローズのトレード獲得を狙う可能性があるという。

今季のピストンズは昨季以上に厳しい戦いを強いられており、今季8試合を消化した時点での成績はNBAワーストの1勝7敗。

この状況が続くようであれば、ピストンズはロスター再編に向けて動き始める可能性がある。

その場合、良いオファーがあればローズのトレードも検討するだろう。

一方、レイカーズがローズ獲得に動く場合、どの選手をトレード要員にするかが気になるところ。

ピストンズ側は若く、将来性のあるプレイヤーを求めると予想されるため、カイル・クーズマやアレックス・カルーソ、テイレン・ホートン・タッカーあたりが候補に挙がることになりそうだ。

なお、ローズの今季8試合を終えた時点とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数7603
平均出場時間24.332.5
平均得点15.318.7
平均リバウンド2.33.4
平均アシスト5.45.6
平均スティール1.00.8
平均ターンオーバー2.42.6
FG成功率42.1%45.6%
3P成功率30.0%30.4%
フリースロー成功率80.8%82.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA