【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーが復帰初戦について「痛みに対処しプレイできた」

ステフィン・カリーが復帰初戦について「痛みに対処しプレイできた」

尾骨の負傷で離脱していたゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが、先日のシカゴ・ブルズ戦で復帰した。

現地17日以来の実戦だったものの、カリーは離脱の影響をまったく感じさせず、32得点、6アシストでウォリアーズの勝利に貢献。

だが、試合中に痛みで顔を歪めるシーンが何度かあり、完治していないようにも見えた。

カリーによると、実際に痛みを抱えながらプレイしたという。

カリーは尾骨の怪我について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

練習やワークアウトでシミュレートすることはできない。

楽しくはなかったよ。

だが、僕は乗り越えた。

温め続けることができたし、痛みに対処できたし、プレイできた。

近いうちに何かしらの対処が必要になるだろう。

だが、もう少し時間が経てば良くなっていくと思うよ。

ウォリアーズは現在ウェスタン・カンファレンス10位。

NBAプレイオフ進出の可能性がまだ十分あるが、プレイイントーナメントによる進出は避けたいところだろう。

今季NBAプレイオフに進出することができれば、ウォリアーズの若手たちにとって大きな経験になるのは間違いない。

とはいえ、カリーの怪我が悪化しないことを祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA