【スポンサーリンク】

ケビン・ラブがメディアに応じないカイリー・アービングを批判?

ケビン・ラブがメディアに応じないカイリー・アービングを批判?

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは先日、メディアのインタビューに応じなかったことによりNBAから2万5000ドルの罰金処分を命じられた。

アービングはシーズンを通してメディアに応じないことを示唆しており、罰金処分後は「手先とは話をしない」などとメディアを攻撃。

これを受け、クリーブランド・キャバリアーズ時代のチームメイトであるケビン・ラブが言及した。

ラブによると、アービングの社会活動には賛同できるものの、メディアへの対応方法は間違っているという。ラブのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

誰かを手先と呼ぶこと。

僕は誰しもがそれぞれの役割を持っていると思っている。

生活の一部だ。

僕は僕たち全員が働いていることに感謝しているし、君たち全員が働いていることにも感謝している。

言うまでもないことじゃないかな。

誰かのことを手先と呼ぶのは軽視していると思う。

カイリーは人々の生活を向上させるためにやっている。

それは理解できるが、僕なら人々を分裂させない。

カイリーのことは大好きさ。

カイリーが変わったことは知っている。

何が起きているのかは分からないが、もう一度言おう。

僕は人々を分裂させないし、良い意図があってやっていることなら、誰しもがそれぞれの役割を担っていると信じているんだ。

ラブによると、ミネソタ・ティンバーウルブズ時代の恩師である故フリップ・ソーンダースからメディアを尊重する重要性を教えてもらったという。

メディアとアービングの間の溝はますます深くなっているように感じるが、アービングが今後もメディアインタビューに応じない場合、NBAはどう対処するのだろうか?

その意味でもアービングは注目を集めることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA