【スポンサーリンク】

マリク・ビーズリー「今季は素晴らしいシーズンになる」

昨季中のトレードでデンバー・ナゲッツからミネソタ・ティンバーウルブズに移籍したマリク・ビーズリーは、スコアリングで高いポテンシャルを見せつけた。

ウルブズ移籍後の14試合で平均20.得点以上を記録し、NBA2020-21シーズンはさらなる飛躍が期待されているビーズリー。

そのビーズリーが新シーズンの豊富を語った模様。

ビーズリーによると、トレーニングキャンプではチームメイトたちとのコミュニケーションを重視しているという。ビーズリーのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕がもっと良いプレイメイカーになるためにはどうしたらいいのか、ディアンジェロ(・ラッセル)とリッキー(・ルビオ)に毎日質問している。

KAT(カール・アンソニー・タウンズ)とは話をし、互いに責任を持ってやり抜くことができる関係を築いている。

だから、今季はKATとチーム全体にとって素晴らしいシーズンになるだろうね。

ビーズリーは昨季の活躍が認められ、このオフシーズンにウルブズと4年6000万ドルの契約を結んだ。

プライベートでは多くの問題に対処しなければならないが、オン・ザ・コートでは重要なスコアラーのひとりとしてウルブズを牽引してくれるだろう。

なお、ビーズリーのウルブズ移籍後とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

ウルブズ移籍後NBAキャリア
出場試合数14220
平均出場時間33.117.4
平均得点20.78.2
平均リバウンド5.12.0
平均アシスト1.91.0
平均スティール0.60.5
平均ターンオーバー1.50.7
FG成功率47.2%44.8%
3P成功率42.6%38.8%
フリースロー成功率75.0%80.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA