【スポンサーリンク】

ブランドン・イングラムがアンソニー・デイビスとのトレードの噂について「レイカーズの若手をダメにした」

ロサンゼルス・レイカーズは昨年夏のトレードでNBAスーパースターのアンソニー・デイビスを獲得した。

以前はブランドン・イングラムやロンゾ・ボール、ジョシュ・ハートといった若手が中心となってNBAプレイオフ復帰を目指すと思われていたが、2年前の夏にレブロン・ジェイムスが加わったことで状況が一変。

レイカーズの若手たちにはトレードの噂が浮上し始め、振り回されることになった。

ペリカンズ移籍後にオールスタープレイヤーに成長したイングラムによると、若手たちはトレードの噂によって駄目になってしまったという。

イングラムは当時を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

それ(トレードの噂)は、僕の周りにいた男たちを毎日駄目にした。

朝起きた時にツイッターで名前を見てしまうんだ。

僕の周りにいた男たちはツイッターが大好き。

彼らは自分の名前で検索するのが大好きなんだ。

結果、イングラム、ボール、ハートがトレードでニューオーリンズ・ペリカンズに移籍。

彼ら3選手はレイカーズで難しい時間を強いられていたものの、ペリカンズでは主力として活躍している。

これからのNBAキャリアでもトレードの噂が出ることはあるだろうが、コート上のパフォーマンスに悪影響が及ばないよう、偉大な先輩たちからツイッターとの付き合い方を学んだほうが良いのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA