【スポンサーリンク】

クリス・ポールがレブロン・ジェイムスに対するダーティープレイ説を否定

クリス・ポールがレブロン・ジェイムスに対するダーティープレイ説を否定

ウェスタン・カンファレンス2位でNBAプレイオフに進出したフェニックス・サンズは現地23日、昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズとファーストラウンド第1戦を戦った。

サンズはレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するレイカーズを圧倒し、シリーズを白星発進。

だが、試合中に起こったクリス・ポールのある行為に批判が相次いでいる。

レブロン・ジェイムスがフリースローを放った際、ポールはジェイムスの腕を掴んでボックスアウトし、ジェイムスがジャンプしても離そうとしなかったのだ。

この行為が「ダーティープレイ」として批判されているが、larrybrownsports.comによると、この件について質問されたポールは以下のように答えたという。

ダーティープレイではない。

試合後にレイカーズの選手たちとすれ違ったが、何も言われなかった。

息子に会えることに興奮している。

しばらく会えていなかったからね。

彼の(12歳の)誕生日なんだ。

家族との時間を楽しみ、それから次のゲームに向けて準備するよ。

ジェイムズの相棒アンソニー・デイビスは、ポールのボックスアウトを「危険なプレイ」と断言。

また、レイカーズを指揮するフランク・ボーゲルHCも「過剰にアグレッシブなボックスアウトであり、ジャンプしたブロンに対する危険なプレイ」と指摘している。

ポールとジェイムスは親友関係にあるため、ポールがジェイムスを故意に怪我させようとしたとは考え難い。

一方で、ジェイムスに対してはフロッピングを指摘する声もある。

いずれにせよ、このシリーズで負傷離脱者が出ないことを祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA