【スポンサーリンク】

ウルブズがリッキー・ルビオをトレードで獲得か?

ベテランポイントガードのリッキー・ルビオは先日のトレードでフェニックス・サンズからオクラホマシティ・サンダーへ移籍した。

だが、サンダーは若手中心のチームに生まれ変わる見込みであり、ルビオを放出すると見られている。

すでにトレード交渉はスタートしているようだが、ルビオはNBAキャリアをスタートさせた地に戻って来るかもしれない。

The Athleticの記者によると、サンダーはミネソタ・ティンバーウルブズとトレード交渉中であり、ルビオ、およびNBAドラフト25位指名権と28位指名権を放出し、ウルブズからNBAドラフト17位指名権を獲得する方向で話し合っているという。

現在30歳のルビオは、2009年のNBAドラフト5位でウルブズに指名され、スペインで2シーズン過ごした後にウルブズに入団した。

ウルブズにはディアンジェロ・ラッセルというオールスターレベルのポイントガードがいるが、ウルブズがルビオをどう起用するか注目が集まるところだ。

なお、ルビオの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数65563
平均出場時間31.030.9
平均得点13.011.3
平均リバウンド4.74.3
平均アシスト8.87.8
平均スティール1.41.9
平均ターンオーバー2.72.7
FG成功率41.5%39.1%
3P成功率36.1%
(キャリアハイ)
32.8%
フリースロー成功率86.3%84.1%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ルビオくそ安いな

*

CAPTCHA