【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「30得点を記録するためにプレイしているわけではない」

カイル・クーズマ「30得点を記録するためにプレイしているわけではない」

ロサンゼルス・レイカーズを指揮するフランク・ボーゲルHCは先日、NBAキャリア4年目のカイル・クーズマについて「我々の2番目のスコアラー」とし、期待を寄せた。

アンソニー・デイビスが怪我で離脱する可能性があるため、クーズマにはスコアリングでの貢献が今まで以上に求められるだろう。

だが、クーズマによると、スコアリングに専念することはないという。

クーズマは自身の役割について次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

もしADが出場できないなら、僕のポゼッションが少し増えるだろう。

スコアリングだろうと、正しいプレイをすることだろうとね。

僕はいつもそうするように心がけている。

「30点スコアリングするためにやってやろう」という気持ちでコートに出ていない。

そのようなことはない。

それを期待しないでくれ。

コートに出て適切なスポットでプレイし、チームメイトたちを助け、オープンになったらアグレッシブに攻めるだけだ。

とはいえ、デイビス不在のレイカーズは確実にスコアリング不足であり、クーズマにはよりスコアリングを狙ってもらいたいところだ。

クーズマには小さくまとまることなく、時にはコーチ陣やチームメイトたち、レイカーズファンを鼓舞するようなビッグプレイを見せてもらいたい。

なお、クーズマのファーストラウンド第1戦から第4戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦
出場時間19:2419:5623:4425:21
得点02811
リバウンド31104
アシスト1132
スティール0100
ブロックショット0100
ターンオーバー1002
FG成功率0%
(0/2)
25.0%
(1/4)
16.7%
(2/12)
36.4%
(4/11)
3P成功率0%
(0/1)
0%
(0/2)
25.0%
(2/8)
20.0%
(1/5)
フリースロー成功率100%
(2/2)
100%
(2/2)
+/--5-1+4-13

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA