【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「ケビン・デュラントはウォリアーズのバスケットボールブランドを求めていた」

ドレイモンド・グリーン「ケビン・デュラントはウォリアーズのバスケットボールブランドを求めていた」

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントはオクラホマシティ・サンダーに所属した2016年のNBAプレイオフでゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れた数週間後、ウォリアーズに移籍した。

デュラントのまさかのウォリアーズの移籍にサンダーファンは怒り狂い、デュラントを裏切り者扱いしたわけだが、デュラントは以前からウォリアーズのプレイスタイルを好み、ウォリアーズでプレイしたいと願っていたのかもしれない。

ドレイモンド・グリーンによると、サンダーがウォリアーズを3勝1敗でリードする前から、デュラントはウォリアーズでプレイすることを望んでいたという。グリーンのコメントをNBC Sports Bay Areaが伝えている。

KDは良いバスケットボールをプレイすることを望んでいた。

皆も僕たちのバスケットボールのスタイルを見たと思うが、僕たちはボールを回していた。

ステフはホットだった。

全員がステフのためにスクリーンをかけていた。

全員がステフにボールを持たせようとしていた。

全員が楽しんでいたんだ。

彼は良いバスケットボールをプレイすることを望んでいた。

僕たちは最高のバスケットボールブランドをプレイしていた。

僕たちのバスケットボールブランドとは、パスし、動き回ることだ。

僕たちとサンアントニオ・スパーズを除き、そのようなバスケットボールブランドをプレイしているチームはなかった。

誰もがピック&ロールでミスマッチを狙い、アドバンテージを得ようとしていた。

僕たちはバスケットボールのゲームを変えたんだ。

KDはそれを見ていた。

KDは僕たちと一緒にプレイすることを望んでいた。

彼ら(サンダー)が3勝1敗とする前から、KDはウォリアーズに来ることを望んでいたんだ。

僕はそう確信しているよ。

ウォリアーズに移籍したデュラントはシステムの下でプレイし、2度のNBAタイトル獲得に貢献した。

だが、ウォリアーズで3シーズンを過ごした後にブルックリン・ネッツに移籍した。

もしグリーンが語ったことが真実なら、今のデュラントはウォリアーズのバスケットボールブランドをどう見ているのだろうか?

なお、デュラントのウォリアーズ時代とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

ウォリアーズNBAキャリア
出場試合数208939
平均出場時間34.136.8
平均得点25.827.2
平均リバウンド7.17.1
平均アシスト5.44.3
平均スティール0.81.1
平均ブロックショット1.51.1
平均ターンオーバー2.73.2
FG成功率52.4%49.6%
3P成功率38.4%38.4%
フリースロー成功率88.3%88.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA