【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがカイリー・アービングの去就について「様子を見る」

ケビン・デュラントがカイリー・アービングの去就について「様子を見る」

NBAスターのカイリー・アービングは、ブルックリン・ネッツと再契約の交渉をしている。

だが、アービングとネッツの契約交渉は難航し、アービングには他チーム移籍の噂が浮上。

アービングがネッツと再契約しない場合、アービングの相棒ケビン・デュラントの去就にも影響を及ぼすと報じられている中、デュラントがアービングの去就について言及した模様。

デュラントによると、アービングとは定期的に連絡を取り合っているものの、アービングの決定に関与することはないという。デュラントのコメントをNetsDailyが伝えている。

男の人生だ。

僕よりもっと大きなことだ。

FAになるのは、キャリアにおいて最も重要な時間のひとつさ。

他の誰かによって左右されてはならない。

僕は僕自身がすべきことし、時が来るのを待つだけだ。

現時点でできることはない。

彼は(オプション期限の)29日まで決断できないと思う。

カイとは定期的に連絡を取っているし、どうなるか見てみよう。

僕に手に負えるようなことではないし、関与したくない。

どうなるが見てみるよ。

僕たちのチームには不確実なことがたくさんある。

ベン(・シモンズ)は僕たちと一緒にプレイできず、僕たちはプレイオフでスウィープされた。

カイリーはフリーエージェントになる。

不確実なことがたくさんあるんだ。

だから、僕たちに関するノイズがすごくたくさんあるのは理解している。

だが、個人としてはコントロールできることをコントロールするだけさ。

その時が来れば、物事は自然にうまくいくだろう。

アービングはロサンゼルス・レイカーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ニューヨーク・ニックス、ダラス・マーベリックス、マイアミ・ヒート、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに関心を持っていると噂されている。

だが、ニックス以外のチームはサラリーキャップに余裕がなく、ニックスもアービングよりジェイレン・ブランソンを重視しているという。

NBAオールスターのレブロン・ジェイムス擁するレイカーズがアービングに強い関心を持っていると噂されているが、ネッツが応じる保証はない。

アービングがどのような決断を下すのかまったく分からない状況だが、まずは来週のオプション期限での動きに注目したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA