【スポンサーリンク】

ブルズのGMがロンゾ・ボールの状態について「今はまだ判断できない」

ブルズのGMがロンゾ・ボールの状態について「今はまだ判断できない」

シカゴ・ブルズのロンゾ・ボールは1月下旬に左膝半月板の修復手術を受けた。

その後リハビリを続け、シーズン中の復帰を目指したものの、コートでの練習に復帰するたびに膝の状態が悪化し、NBAプレイオフも含めて全休を余儀なくされた。

ブルズのゼネラルマネージャーを務めるマーク・エバースリーによると、ボールの膝は改善しているものの、まだ判断できない状態だという。

エバースリーGMは「ボールは今すぐ試合に出場できる状態?」と質問されると、次のようにコメント。NBC Sports Chicagoが伝えている。

その件については、おそらくパフォーマンススタッフと話をしなければならないだろう。

今すぐは判断できない。

僕が君たちに言えるのは、彼は今もリハビリ中であり、前進しているということだ。

ボールはNBA屈指のプレイメイカーであり、ディフェンダーだ。

ボールが離脱する前のブルズはNBAタイトル獲得の可能性を感じさせる戦いを見せ、一時はイースタン・カンファレンス首位に浮上。

だが、ボールやアレックス・カルーソなど主力選手たちが負傷離脱すると調子を落とし、NBAプレイオフ復帰は果たしたもののファーストラウンドでミルウォーキー・バックスに敗れた。

膝の問題でNBAキャリアを狂わされた選手も少なくない中、ボールのリハビリが順調に進み、健康を完全に取り戻すことを祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA