【スポンサーリンク】

ネッツとの契約が噂されるドワイト・ハワード「彼らと話をした」

ネッツとの契約が噂されるドワイト・ハワード「彼らと話をした」

NBAスターのケビン・デュラントとカイリー・アービング擁するブルックリン・ネッツは現地10月31日にインディアナ・ペイサーズに勝利し、今季2勝目を挙げた。

今季のネッツにはNBAタイトル獲得の期待がかかっているものの、これまでのところ十分な結果を残すことができずにいる。

ネッツは特にインサイドの層が薄いため、ビッグマン獲得が噂されているが、その候補のひとりに挙がっている元NBAオールスターセンターのドワイト・ハワードはすでにネッツと接触した模様。

ハワードはネッツでプレイすることに関心を持っており、ネッツにチーム加入を打診したという。ハワードのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕はブルックリン移籍を求め、彼らと話をした。

彼らはこう言っていたよ。

「我々はシュートがあるビッグマンを必要としている」とね。

彼らにとって僕は素晴らしい存在になれると思っていた。

リムを守ることができ、ピック&ロールに対するディフェンスがあり、リバウンドがあるビッグマンだ。

彼らはKD、カイリー、ベン・シモンズのピック&ロールを用いている。

そこに僕がいれば、相手にとって致命的だっただろう。

なぜなら、僕とピック&ロールをすればKDとカイリーはワイドオープンのショットを狙うことができただろうからね。

それに彼らには僕のディフェンスが必要だと思っていた。

僕はこのリーグで18年プレイしている。

いろんなレベルのバスケットボールを理解しているから、あのチームを多くの点で助けることができると思っていたんだ。

ハワードが話したことが真実なら、アウトサイドシュートがないハワードがネッツに加わることはないだろう。

FAビッグマンから選ぶのであれば、元NBAオールスターセンターのデマーカス・カズンズを挙げたいところだが、ネッツは来年2月のトレード期限まで様子を見つつ、チャンスがあれば、より若く、かつアウトサイドシュートがあるビッグマンを狙うことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA