【スポンサーリンク】

ジェイレン・ブランソンの契約先有力候補はマブスとニックス?

ジェイレン・ブランソンの契約先有力候補はマブスとニックス?

ダラス・マーベリックスのジェイレン・ブランソンは、間もなく完全FAになる。

ブランソンにはマブスの他、ニューヨーク・ニックスやデトロイト・ピストンズ、インディアナ・ペイサーズ、ワシントン・ウィザーズなど複数のNBAチームが関心を持っていると噂されているが、ブランソンは契約先候補を2チームに絞っているのかもしれない。

RealGMによると、ブランソンの移籍先候補はマブスとニックスに絞られたという。

ブランソンは4年1億ドル程度の契約を望んでいると噂されている。

ニックスは先日のトレードで元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーを放出したが、ブランソンとの契約に備え、今後もロスターを動かすだろう。

また、ニックスの球団社長を務めるレオン・ローズはブランソンの元エージェントであり、ブランソンの父がニックスのアシスタントコーチに就任したことも、ニックスが有力候補に挙がっている要因となっている。

一方、ニックスがブランソンに大型契約をオファーした場合、マブスはマックス契約をオファーする可能性があるというが、果たしてブランソンはマブスとニックスどちらを選ぶのだろうか?

なお、ブランソンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数79277
平均出場時間31.924.7
平均得点16.3
(キャリアハイ)
11.9
平均リバウンド3.9
(キャリアハイ)
3.0
平均アシスト4.8
(キャリアハイ)
3.7
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー1.61.3
FG成功率50.2%49.4%
3P成功率37.3%37.3%
フリースロー成功率84.0%
(キャリアハイ)
80.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA