【スポンサーリンク】

1チームで全キャリアを送っているNBAオールスタートップ5選手とは?

1チームで全キャリアを送っているNBAオールスタートップ5選手とは?

近年のNBAでは、スター選手の移籍が相次いでいる。

スター選手たちはNBAタイトルを獲得するため、またNBAにレガシーを残すため、チャンピオンになれる可能性がより高いチームに移籍しているが、同じチーム一筋のNBAキャリアを送っているスターもいる。

fadeawayworld.netによると、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー(13シーズン)、クレイ・トンプソン(11シーズン)、ドレイモンド・グリーン(10シーズン)、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラード(10シーズン)、ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビール(10シーズン)が、同じチーム一筋のキャリアを送っているNBAオールスターベスト5選手だという。

彼らは所属チームに忠誠を誓っており、リラードとビールに関しては先日チームと新たな契約を交わしたばかりだ。

また、彼らには称賛の声が集まっているという。

「これが本物の忠誠心だ」

「ステフ、クレイ、ドレイがこれほど長く一緒にプレイしているなんてクレイジーだ」

「KD(ケビン・デュラント)にこれを見せないでくれ」

「彼らのすぐ後ろにヤニス(・アンテトクンポ)がいる」

「レブロン(・ジェイムス)がリーグをダメにした」

「この男たちは彼らのフランチャイズにおけるGOATたちだ」

「彼らは皆ヒーローとして語り継がれるだろう」

「ファンへの忠誠心が重要だ」

「コービー(・ブライアント)、(ティム・)ダンカン、ダーク(・ノビツキー)は彼らを誇りに思うだろう」

ここ最近は「忠誠心」がたびたび議論されている。

選手たちはNBAタイトルを切望しており、そのための移籍を攻めるべきではないだろうが、同じチームでプレイし続けるNBAスターたちはそのフランチャイズにおいて永遠に愛されることだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    リラードとビールにも死に物狂いでチームの優勝へ直走って欲しいね
    PORとWASは、それぞれグラントと八村の更なる成長が一つの鍵になってくるか後は全体ディフェンス

*

CAPTCHA