【スポンサーリンク】

ボビー・ポーティスがドレイモンド・グリーンに対する処分内容を受け「僕がやると問題になる」

ボビー・ポーティスがドレイモンド・グリーンに対する処分内容を受け「僕がやると問題になる」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、ジョーダン・プールの顔面にパンチを見舞ったドレイモンド・グリーンに対し、罰金処分を科すと報じられた。

だが、「グリーンに出場停止処分を科すべき」という声も少なくない。

特にミルウォーキー・バックスのベテランフォワード、ボビー・ポーティスは、そう思っているのかもしれない。

ポーティスはウォリアーズがグリーンに罰金処分にとどめたことを知ると、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

以前ツイートしたが、僕は自分を守ったら8試合(出場停止処分)だった。

僕が思うに、多くの点が違う。

今回の問題に僕の名前を引っ張り出すのはやめてくれ。

彼らがやるとクールだが、僕がやると問題になるのさ。

ポーティスはシカゴ・ブルズ時代に当時チームメイトだったニコラ・ミロティッチと揉め、ミロティッチにパンチを見舞った。

その結果、ミロティッチは顔面骨折という大怪我を負ってしまった。

それでもポーティスの怒りは収まらず、ブルズのフロントオフィスに対し、「僕か彼(ミロティッチ)を選べ」と迫ったという。

幸いにもグリーンのパンチでプールが大怪我を負うことはなかった。

ポーティスの件とはその点に大きな違いがあるが、ポーティスは処分内容の違いにやりきれなさを感じているに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ポーティス女々しいな

*

CAPTCHA