【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがドレイモンド・グリーンのパンチ問題に「滅多にない」

ケビン・デュラントがドレイモンド・グリーンのパンチ問題に「滅多にない」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンがジョーダン・プールにパンチを見舞い、NBAファンから批判を浴びている。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCは先日、グリーンの行為について「容認できるものではない」、「信頼回復に努めなければならない」とした一方で、映像が流出したことが大きな問題であるとした。

そんな中、NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントがこの問題に言及した模様。

元ウォリアーズのデュラントによると、選手がチームメイトにパンチを見舞うのはNBAでは珍しいという。デュラントのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

滅多にないことだ。

僕はリーグに16年いるが、このようなことはあの映像を見るまで一度も見たことがなかった。

MJ(マイケル・ジョーダン)のことやボビー・ポーティスのことについては聞いた。

だが、毎年起こっているわけではない。

あのようなことが起こるのはすごく珍しい。

僕たちには関係ないことだが、毎日話題になっている。

なぜなら、映像を見てしまったからね。

ウォリアーズの選手たちは常に協力して努力する。

彼らをまとめようとしているのはステフ(・カリー)だけではない。

アンドレ(・イグダーラ)は彼を助けている。

ボブ(・マイヤーズGM)、ショーン(・リビングストン)、クレイ(・トンプソン)。

そこにいる男たちも同じように助けてくれるんだ。

デュラントはウォリアーズ時代にグリーンと激しい口論を繰り広げた。

デュラントは結果的にウォリアーズを去ることになったが、当時のウォリアーズのサポートを振り返り、ウォリアーズが一流の組織であることを確信しているのだろう。

ウォリアーズは組織としてプールとグリーンをサポートし、関係改善に向けて手を尽くすに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA