【スポンサーリンク】

ウルブズがディアンジェロ・ラッセルをトレードすべく市場を調査か?

ウルブズがディアンジェロ・ラッセルをトレードすべく市場を調査か?

ミネソタ・ティンバーウルブズの元NBAオールスターポイントガード、ディアンジェロ・ラッセルは先日、トレードされる可能性があることを示唆した。

ラッセルの契約は今季が最終年。

今年夏にFAになり、新たな契約を探すことになるわけだが、その前にウルブズを離れるかもしれない。

RealGMによると、ウルブズはウェストブルックの価値を確認すべく、トレード市場を調査しているという。

今季のラッセルは平均17.1得点、6.2アシストを記録しているものの、ウルブズは現在22勝23敗にとどまっている。

その大きな要因はカール・アンソニー・タウンズの長期離脱とNBAオールスターセンターのルディ・ゴベアがフィットしていないことだろうが、ウルブズはポイントガードを変更することで状況が変わると感じているのかもしれない。

ウルブズはユタ・ジャズの元NBAオールスターポイントガード、マイク・コンリーに関心を持っていると噂されているが、トレード期限の現地2月9日までラッセルの市場価値を調査し、決定することになりそうだ。

なお、ラッセルの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数42466
平均出場時間32.529.7
平均得点17.117.6
平均リバウンド3.03.5
平均アシスト6.25.6
平均スティール1.11.1
平均ターンオーバー2.62.8
FG成功率46.1%
(キャリアハイ)
42.3%
3P成功率36.5%35.7%
フリースロー成功率85.9%
(キャリアハイ)
78.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す