【スポンサーリンク】

クリッパーズがトレードによる獲得を狙っているビッグマンとは?

クリッパーズがトレードによる獲得を狙っているビッグマンとは?

ロサンゼルス・クリッパーズは現地2月9日のトレード期限までにポイントガードとビッグマンを加えると見られている。

ポイントガードはユタ・ジャズのマイク・コンリー、トロント・ラプターズのフレッド・バンブリート、マイアミ・ヒートのカイル・ラウリーに関心を持っているという。

では、イビチャ・ズバッツのバックアップとしてどのビッグマンをターゲットにしているのだろうか?

theringer.comによると、クリッパーズはミネソタ・ティンバーウルブズのナズ・リード、オーランド・マジックのモー・バンバ、ニューヨーク・ニックスのアイザイア・ハーテンシュタインに関心を持っているという。

ハーテンシュタインは昨季、クリッパーズでプレイしたものの、FAになった昨年夏により大きな契約と役割を求めてニックスに移籍。

だが、ニックスでは十分な働きを見せることができず、トレードの噂が浮上している。

ハーテンシュタインはタイロン・ルーHCのシステムに馴染みがあるため、バックアップセンターとしてすぐにフィットできるだろう。

なお、クリッパーズはNBAドラフト1巡目指名権を2028年のひとつしか持っていないが、NBAドラフト2巡目指名権は2027年以外すべて保有していると報じられている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す