【スポンサーリンク】

レイカーズのロブ・ペリンカGMがさらなるトレードを示唆

レイカーズのロブ・ペリンカGMがさらなるトレードを示唆

ロサンゼルス・レイカーズは先日のトレードで八村塁を獲得した。

レイカーズはNBAドラフト2巡目指名権を3つ失ったものの、1巡目指名権は維持。

だが、もし大きなチャンスがあればNBAドラフト1巡目指名権の放出もためらわないかもしれない。

レイカーズのゼネラルマネージャーを務めるロブ・ペリンカは、今後のトレードについて次のように語ったという。hoopsrumors.comが伝えている。

我々の仕事がこれ(八村のトレード)で終わったわけではない。

(NBAドラフト1巡目指名権のトレードは)我々がチャンピオンになれるか、それともそうではないかを考えて決める。

中期的な成長のためではない。

我々は機会があれば分析し、そのうえで行動に移さなければならない。

レイカーズはニューヨーク・ニックスのキャム・レディッシュを狙っていた。

ニックスはNBAドラフト2巡目指名権2つとのトレードに応じる見込みだったが、レイカーズは八村を獲得できるチャンスがあると知ると、レディッシュと同じ条件でウィザーズにオファー。

だが、フェニックス・サンズなど複数のNBAチームがウィザーズにアプローチしていたため、NBAドラフト2巡目指名権を急遽もうひとつプラスしたという。

現地24日にロサンゼルス・クリッパーズに完敗したレイカーズは、改めてアウトサイドシューターの必要性を感じさせた。

現時点ではデトロイト・ピストンズのボヤン・ボグダノビッチやサンアントニオ・スパーズのジョシュ・リチャードソンとダグ・マクダーモットに関心を持っているというが、果たしてレイカーズはロスターをさらに強化することができるだろうか?

なお、今季の八村は3P成功率33.7%にとどまっているものの、コーナーからの3P成功率は40.0%を記録。

レイカーズではオープンになる機会が増えると見られているため、アウトサイドシュートでの貢献も期待されている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す