【スポンサーリンク】

トレイシー・マグレディ「ティム・ダンカンが来ていれば僕の人生は変わっていたかも」

トレイシー・マグレディ「ティム・ダンカンが来ていれば僕の人生は変わっていたかも」

全盛期のトレイシー・マグレディは、NBAを代表するスコアラーのひとりだった。

当時ヒューストン・ロケッツに所属していたマグレディが試合終盤の35秒間で13得点を記録し、チームを勝利に導いた驚愕のプレイは誰もが知るところだろう。

だが、マグレディはNBAチャンピオンになることなく現役を終えた。

しかし、マグレディによると、当時所属していたオーランド・マジックがティム・ダンカンとの契約交渉をまとめることができていたら、マグレディのNBAキャリアは違う結果になっていたという。

マグレディは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼ら(マジック)は僕をリクルートする前に、彼ら2人(ダンカンとグラント・ヒル)をリクルートしていた。

当時の僕はまだ3年目だったし、ベンチプレイヤーだった。

ティム・ダンカンとどう交渉していたかについては、まだドック(・リバース)と話をしていないから、僕の憶測に過ぎない。

彼(リバース)はティム・ダンカンを許さなかった。

彼(ダンカン)は遠征の時、彼の伴侶を一緒に飛行機に乗せたいと思っていたんじゃないかな。

ドックはそれを許さなかった。

だから契約はまとまらなかった。

僕はそう聞いている。

もし契約が実現していれば、僕の人生は変わっていたかもしれない。

僕だけでなく、たくさんの人たちの人生も変えていたかもしれないね。

マジックはダンカンを獲得できなかったものの、ヒルの獲得には成功した。

だが、ヒルは怪我でわずか4試合の出場にとどまり、チームに貢献することができなかった。

マジックとダンカンは当時、契約寸前までいったものの、サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHCと”提督”デイビッド・ロビンソンに説得され、スパーズと再契約したという。

もしマジックがダンカンを獲得し、かつヒルに怪我がなければ、マジックは他のNBAチームにとって脅威となっていたに違いない。

なお、ヒル、ダンカン、マグレディのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

G・ヒルT・ダンカンT・マグレディ
出場試合数10261392938
平均出場時間33.934.032.7
平均得点16.719.019.6
平均リバウンド6.010.85.6
平均アシスト4.13.04.4
平均スティール1.20.71.2
平均ブロックショット0.62.20.9
平均ターンオーバー2.42.42.2
FG成功率48.3%50.6%43.5%
3P成功率31.4%17.9%33.8%
フリースロー成功率76.9%69.6%74.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA