【スポンサーリンク】

クリス・ポールの不調の原因は疲労?

クリス・ポールの不調の原因は疲労?

フェニックス・サンズのクリス・ポールは、NBA史上最も偉大なポイントガードのひとりだ。

昨季はサンズをNBAファイナル進出に導き、今季はNBAトップの成績に貢献したポール。

だが、ダラス・マーベリックスとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第3以降は調子を落としている。

では、ポールが調子を落としている要因は何にあるのだろうか?

ミネソタ・ティンバーウルブズのパトリック・ベバリーと元NBA選手のマット・バーンズによると、ポールはタフなマッチアップを強いられ、疲労が蓄積している可能性があるという。ベバリーとバーンズのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

パトリック・ベバリー:
彼ら(マブス)は彼をオフ・ザ・ドリブルで攻撃している。

ルカ(・ドンチッチ)は彼に対してポストで攻め、ジェイレン・ブラウンも彼にアタックを仕掛けている。

ディフェンスしながらプレイをクリエイトし、スコアリングするのは難しいんだ。

マット・バーンズ:
クリスは37歳だ。

ここ4試合の彼はシュートを10本以上撃っていない。

だが、FG成功率50%、3P成功率54%だ。

彼は疲れているのか?

彼ら(マブス)は彼を疲れさせようとしている。

だから、彼はチームメイトたちを巻き込むことが最善策だと考えているのだろうか?

マブスのポールを攻める戦略は、うまくいっていると見るべきかもしれない。

もしサンズが第7戦を制し、カンファレンスファイナル進出を果たしたとしても、これから対戦するチームはマブスの戦略を取り入れ、ポールにアタックを仕掛けるだろう。

今季のNBAコーチ・オブ・ザ・イヤーに輝いたモンティ・ウィリアムスHCがどう対処するのか、注目が集まるところだ。

なお、ポールのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第1戦から第6戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦
出場時間293637233536
得点1928125713
リバウンド567522
アシスト3847104
スティール111112
ブロック100000
TO137245
FG成功率53.8%
(7/13)
68.8%
(11/16)
55.6%
(5/9)
50.0%
(2/4)
37.5%
(3/8)
57.1%
(4/7)
3P成功率40.0%
(2/5)
50.0%
(1/2)
50.0%
(2/4)
100%
(1/1)
33.3%
(1/3)
60.0%
(3/5)
FT成功率100%
(3/3)
100%
(5/5)
100%
(2/2)
+/-+14+19-8-3+7-14

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    改めて見ると、後半マジで酷いな

*

CAPTCHA