【スポンサーリンク】

エネス・カンター・フリーダムが再びNBAを攻撃「僕は排除された」

エネス・カンター・フリーダムが再びNBAを攻撃「僕は排除された」

元NBA選手のエネス・カンター・フリーダムは、2021-22シーズン中のトレードでボストン・セルティックスからヒューストン・ロケッツにトレードされると、若手中心に再建中のロケッツからウェイブされた。

その後どのNBAチームからもオファーをもらえずにいるカンター・フリーダムは、NBAと中国の関係を続けていることを批判し続けていることもあり、「NBAは僕を排除した」と主張。

その考えは今も変わっていないようだ。

カンターはNBAに復帰できずにいる状況を受け、次のように指摘したという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕ならリーグであと6年はプレイできる。

僕が1年間離れているからといって、バスケットボールをプレイする方法を忘れたとでも?

そんなの嘘だ。

NBAにいる誰もが知っている。

僕が排除されていることをね。

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングが反ユダヤ思想に満ちた映画をツイートした時、大きな問題となった。

アービングはその後謝罪し、NBAに復帰。

だが、カンター・フリーダムはこれに納得できず、NBAを批判していた。

現在進行中のジェノサイドについて中国を批判すると、NBAから排除される。

だが、ユダヤ人が悪魔を崇拝している映画をプロモートすると、謝罪を受け入れることができる。

ダブルスタンダードだ。

NBAとアダム・シルバーは人権を尊重すると言っているが、選択していることを恥じろ。

カンター・フリーダムがNBAに復帰できないのは、彼のパフォーマンスにも問題があるからだろう。

カンター・フリーダムはリバウンダーとして活躍していたものの、ここ数年は十分なパフォーマンスを見せることができず、特にディフェンスが問題視されていた。

それでもカンター・フリーダムはNBA選手としての実力に自信を持ち続け、これからもNBAに対して厳しい言葉を吐き続けるに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ダブスタ被害者面ニキ、今回も絶好調だな

  2. By 匿名

    フリーダムさん、お久

コメントを残す