【スポンサーリンク】

ニックスがオビ・トッピンのトレードをペイサーズと交渉か?

ニックスがオビ・トッピンのトレードをペイサーズと交渉か?

NBAキャリア3年目を迎えているニューヨーク・ニックスのオビ・トッピンは、今季も主にジュリアス・ランドルのバックアップとしてプレイしている。

だが、ニックスはトッピンをフランチャイズの未来の一員として見ていないのかもしれない。

heavy.comによると、ニックスはトッピンのトレードについてインディアナ・ペイサーズと交渉しているという。

ニックスにランドルがいる限り、トッピンの出場時間が劇的に増加することはないだろう。

一方、トッピンのサイズとコートを走る能力はペイサーズのシステムにフィットするとされている。

ペイサーズはNBAドラフト指名権とのトレードを狙っているとも噂されているが、もしトレードが実現すれば、トッピンにとってはNBAキャリアを前に進める大きなチャンスとなりそうだ。

なお、トッピンは来年夏に制限付きFAになる。

トッピンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数25159
平均出場時間17.114.7
平均得点7.76.9
平均リバウンド3.8
(キャリアハイ)
3.1
平均アシスト1.00.8
平均スティール0.4
(キャリアハイ)
0.3
平均ターンオーバー0.80.6
FG成功率42.1%50.1%
3P成功率35.1%
(キャリアハイ)
31.9%
フリースロー成功率82.4%
(キャリアハイ)
76.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す