【スポンサーリンク】

モンティ・ウィリアムスHCがディアンドレ・エイトンとのウィザーズ戦での口論について「彼だけではない」

モンティ・ウィリアムスHCがディアンドレ・エイトンとのウィザーズ戦での口論について「彼だけではない」

フェニックス・サンズは現地20日にワシントン・ウィザーズに敗れ、今季の成績を19勝13敗とした。

一時は二桁リードを奪取していたものの、逆転負けを喫してしまったウィザーズ。

サンズの選手たちはフラストレーションが溜まっていたのか、試合残り43.4秒にタイムアウトを請求した時、モンティ・ウィリアムスHCとディアンドレ・エイトンが口論を繰り広げる場面が見られた。

この件についてウィリアムスHCが説明した模様。ウィリアムスHCのコメントをRealGMが伝えている。

チーム全体の問題だった。

ディアンドレだけではない。

チーム全体が適切に実行していなかった。

フラストレーションが溜まったが、ああいったことは起こるものだ。

1人の人間、もしくは1人の選手だけの問題ではない。

また、エイトンも問題があったとは感じていないのかもしれない。

エイトンはウィリアムスHCの口論について質問されると、こう答えたという。

僕たちは本当に言い合っていないよ。

僕たちはファミリーだ。

彼は僕たちにどう話をすればいいのか分かっているし、僕たちもコミュニケーションの取り方を分かっている。

全世界に見られたと思うが、すべて愛であり、チームとして再度まとまり、混乱を排除しようとしていただけさ。

ウィリアムスHCとエイトンは昨季NBAプレイオフでも口論を繰り広げた。

それ以降エイトンにはトレードの噂がつきまとい、ウィリアムスHCとエイトンはトレーニングキャンプがスタートするまで口を聞かない関係になってしまっていた。

それを踏まえての今回だっただけに、多くのサンズファンはウィリアムスHCとエイトンの関係を心配しているかもしれない。

だが、彼らは今回の件を糧とし、NBAタイトル獲得に向けて団結するに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す