【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンが不調の若手たちに「痛みを乗り越えて成長しなければならない」

ドレイモンド・グリーンが不調の若手たちに「痛みを乗り越えて成長しなければならない」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季スタートダッシュに失敗した。

だが、ここ6試合で5勝をあげるなど、急速に巻き返しつつある。

とはいえ、ウォリアーズがNBA連覇を果たすためには若手選手たちの成長が不可欠だろう。

特に2020年NBAドラフト2位選手のジェイムス・ワイズマン、2021年NBAドラフト7位選手のジョナサン・クミンガ、2021年NBAドラフト14位選手のモーゼス・ムーディーに成長を期待したいところだが、彼らは十分なパフォーマンスを見せることができていない。

だが、NBAオールスターフォワードのドレイモンド・グリーンによると、ウォリアーズの若手選手たちは他のチームの若手選手たちとは異なり、難しい状況に置かれているという。

グリーンはウォリアーズの若手選手たちについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は若手選手たちと話をしたことがある。

彼らは難しい状況に置かれている。

そういったタイプの若手たちは、たいていはひどい成績のチームにいるものだ。

つまり、成長するためならどんなことにも取り組めるということだ。

だが、彼ら(ウォリアーズの若手選手たち)の状況は異なる。

彼らは1年目の昨季、2年目の今季と、チャンピオンシップレベルでの貢献が期待されている。

チャンピオンシップバスケットボールをプレイし、すべてにアジャストしなければならないのは、長い目で見れば彼らにとって良いことだろう。

だが、今は痛みを乗り越えて成長しなければならないんだ。

現在3連勝中のウォリアーズでは、クレイ・トンプソンが復調の兆しを見せている。

だが、ベテランのステフィン・カリー、トンプソン、ドレイモンド・グリーンの負担を軽くするためにも、若手選手たちの成長は欠かせないだろう。

果たして彼らは厳しいプレッシャーに打ち勝ち、さらなる飛躍を遂げることができるだろうか?

なお、今季のワイズマン、クミンガ、ムーディーのスタッツは以下の通りとなっている。

J・ワイズマンJ・クミンガM・ムーディー
出場試合数111617
平均出場時間13.414.815.5
平均得点6.85.35.2
平均リバウンド3.82.31.8
平均アシスト1.00.80.6
平均スティール0.10.40.4
平均TO0.71.31.1
FG成功率58.8%38.0%39.4%
3P成功率24.2%32.6%
FT成功率65.2%84.2%81.8%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    結果的に4年140m$の契約貰えたから、痛くも痒くもない

  2. By 匿名

    乗り越えるのかもな

  3. By 匿名

    プールは殴られた痛みを乗り越えましたか?

コメントを残す