【スポンサーリンク】

ジャズのウィル・ハーディーHC「ステフィン・カリーのプレイに見とれてしまうことがある」

ジャズのウィル・ハーディーHC「ステフィン・カリーのプレイに見とれてしまうことがある」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは今季、MVPレベルのパフォーマンスを見せている。

多くのNBAファンを魅了するプレイを続けているカリーだが、カリーの華麗なプレイには相手チームのコーチも魅了しているのかもしれない。

ユタ・ジャズを指揮するウィル・ハーディーHCによると、試合中にカリーのプレイに見とれてしまい、コーチングを忘れる時があるという。

ハーディーHCはカリーについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼の考える能力、ゲームに適応する能力は、並ぶ者がいないほど素晴らしい。

彼はあらゆるディフェンスを見て、対処してきた。

ステフ・カリーを抑える方法を考えるコーチミーティングが何度も行われている。

彼は本当にスペシャルな選手だ。

コーチングをしていると、「しまった。ステフ・カリーのプレイに見とれてしまった。ゲームに集中していなかった」と感じる瞬間がある。

彼はそういった選手のひとりだ。

彼のプレイは畏敬の念を起こさせるんだ。

カリーが今のパフォーマンスを維持することができれば、今季のMVP候補に間違いなく挙がるだろう。

MVPを受賞した2016年から体重を約7kg増やし、フィジカルを強化したというカリーは、さらなる偉業達成に向けてスキルとシュートの向上に取り組み、NBAファンをますます魅了するに違いない。

なお、カリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数18844
平均出場時間34.734.3
平均得点31.724.4
平均リバウンド6.64.7
平均アシスト7.16.5
平均スティール1.21.6
平均ターンオーバー2.73.1
FG成功率52.7%47.5%
3P成功率44.5%42.8%
フリースロー成功率90.4%90.8%

【スポンサーリンク】

コメントを残す