【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス陣営がロブ・ペリンカGMと面会

レブロン・ジェイムス陣営がロブ・ペリンカGMと面会

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは、現地4日から延長契約を結ぶことができるようになった。

ジェイムスは今年38歳になるとはいえ、今もNBAトップクラスのスーパースターであり、レイカーズにとって最も重要な選手だ。

そのためレイカーズはジェイムスと延長契約を早めに結びたいところだろうが、両陣営はさっそく交渉の席に着いた模様。

fadeawayworld.netによると、ジェイムスとジェイムスのエージェントを務めるクラッチスポーツ社のリッチ・ポールは現地4日にゼネラルマネージャーのロブ・ペリンカと面会し、生産的な会話をしたという。

一方で、ジェイムスはレイカーズのロスターを気にしていると報じられている。

レイカーズはカイリー・アービング、バディ・ヒールド、マイルズ・ターナー、エリック・ゴードンに関心を持っていると噂されているが、いずれのトレードも実現する見通しは立っていない。

ジェイムスとしてはレイカーズのロスターがNBAチャンピオンを狙えるレベルであるのを確認したうえで、延長契約を結びたいところだろう。

ジェイムスは遅かれ早かれレイカーズと延長契約を結ぶと見られているが、時間をかけて話し合いを進めていくことになりそうだ。

なお、ジェイムス陣営とレイカーズはこれからも交渉を続けるとされている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA