【スポンサーリンク】

トレードが噂されるディアーロン・フォックス「ここで何かを築き上げたい」

トレードが噂されるディアーロン・フォックス「ここで何かを築き上げたい」

サクラメント・キングスのディアーロン・フォックスは先日、これまで契約していたエージェントと決別し、クラッチスポーツとエージェント契約を結ぶと報じられた。

クラッチスポーツと言えば、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビスなど数多くのNBAスターを抱える大手だ。

近年ではNBAで大きな影響力を持つと言われているため、「フォックスがトレードを要求し、ロサンゼルス・レイカーズに移籍するのでは?」という噂が出ているが、フォックスがその噂を否定した模様。

NBAインサイダーのマーク・J・スピアーズ記者によると、フォックス自らトレード要求の噂を否定したという。スピアーズ記者のコメントをclutchpoints.comが伝えている。

彼はトレードを要求していない。

人々が神経質になっているだけだと思う。

ディアーロンは(キングスを)去ることを望んでいない。

彼はデイム(デイミアン・リラード)と同じようなタイプなんだ。

彼はあの場所で何かスペシャルなことをやりたいと思っている。

なぜなら、僕が彼に「なぜ移籍を要求しないの?」と質問したら、彼は「何かをバトンタッチされたくない。僕はここで何かを築き上げたい」と答えたからね。

今季のフォックスは素晴らしいパフォーマンスを見せており、キングスも現時点で8勝6敗、ウェスタン・カンファレンス7位と、例年と比較すると好調だ。

シーズンはまだ序盤ではあるものの、フォックスはキングスにバスケットボール人生を捧げ、チームメイトやファンとともに前に進み続けるだろう。

なお、フォックスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数13335
平均出場時間31.932.1
平均得点24.819.3
平均リバウンド4.83.6
平均アシスト6.46.2
平均スティール1.21.3
平均ターンオーバー2.82.8
FG成功率55.4%46.6%
3P成功率37.5%32.3%
フリースロー成功率82.3%72.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA