【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビール「他を責めるなら僕を責めてほしい」

ブラッドリー・ビール「他を責めるなら僕を責めてほしい」

ブラッドリー・ビールには他のNBAチームへの移籍が噂されていたものの、最終的にワシントン・ウィザーズと5年2億5100万ドルの契約を結んだ。

NBA屈指のスコアラーであるビールには若いチームメイトたちを導く役割も期待されているが、ビール自身もそれを自覚しているのかもしれない。

ビールによると、チームがどのような成績だろうと、すべてはビールの責任だという。

ビールは自身について次のようにコメント。NBC Sportsが伝えている。

僕は試合に勝つこと、この組織がいつの日かラリー・オブライエントロフィーを獲得するのを助けることに専念している。

それが僕の目標だ。

それが僕の目標であり、僕の夢だ。

僕は最高の選手たちと並んでスコアリングできることを見せてきた。

オールスターになれることを見せてきた。

オールNBA選手になれることを見せてきた。

僕はすべてのチェックボックスにチェックを入れた。

今は優勝し、勝者にならなければならない。

それが僕がチェックを入れたい最後のチェックボックスさ。

勝とうが負けようが引き分けだろうが、僕の責任になる。

それは間違いない。

それで構わない。

僕はそれを受け入れることを学んできた。

自信を持っているよ。

ロッカールームの他の誰かを責めるなら、僕を責めてほしい。

僕のキャリアはその段階にあるし、常にそうやってきた。

受け入れるんだ。

僕がそれにうんざりすることはない。

ウィザーズはこのオフシーズン中にモンテ・モリスやウィル・バートンなどを獲得したものの、NBAタイトルを獲得できるレベルにはまだないというのが一般的な見方だ。

だが、若い選手が多いウィザーズはこれから経験を積み、より強いチームに成長するだろう。

それがビールの最後のチェックボックスが埋まる結果につながることを祈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA