【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「ケビン・デュラント再獲得を考えないわけにはいかなかった」

ドレイモンド・グリーン「ケビン・デュラント再獲得を考えないわけにはいかなかった」

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントがブルックリン・ネッツにトレードを要求した時、多くのNBAチームがデュラント獲得を狙うと報じられた。

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズもそのひとつだ。

デュラント、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン擁するウォリアーズは無敵状態だったため、もしデュラントを再び獲得することができればウォリアーズ王朝はさらに確固たるものになっていただろう。

この件についてグリーンが言及した模様。

グリーンによると、ウォリアーズは実際にデュラント獲得を検討し、グリーンに相談したという。グリーンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

「もしケビンを獲得できるチャンスがあるなら、君は賛同する?」という話があった。

僕としては、「チャンスがあるなら考えないわけにはいかない」という感じだった。

改善の可能性を閉ざしてしまうと、改善の可能性を考えなくなってしまうと、それで終わりだ。

電話しなければならない。

なぜなら、ケビン・デュラントを獲得できるチャンスはそうないからね。

だから検討しなければならない。

もし獲得できていたら素晴らしかったし、僕たちは再びすべてのチームを倒していただろうね。

だが、獲得できなかったとしても素晴らしい。

なぜなら、前にも言ったように、僕たちは連覇を狙えるチームだからだ。

今季のネッツはスティーブ・ナッシュの解雇やカイリー・アービングの言動の問題に振り回されている。

デュラントがこの状況に不満を持ち、「再びトレードを要求するのでは?」とも噂されているが、デュラントが今すぐトレードを要求することはないだろう。

しかし、もしデュラントがトレード市場に出た場合、ウォリアーズはデュラント獲得について真剣に議論することになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA