【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンが実家が本当に貧乏であることを知った瞬間とは?

ドレイモンド・グリーンが実家が本当に貧乏であることを知った瞬間とは?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、NBAを代表するスター選手のひとりだ。

長いNBAキャリアを通して大金を稼ぎ、今や大金持ちになったグリーン。

幼少期に貧しい暮らしを強いられたNBA選手は少なくないが、グリーンによると、彼の母親は常に「うちは貧乏」と言っていたものの、当時のグリーンは貧乏であるとは感じていなかったという。

グリーンは幼少期を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は母にすごく感謝している。

僕たちが子どもだった頃、母は「私たちは貧乏なの!おねだりはやめなさい。できないの」とよく言っていた。

だが、僕は貧乏と思ったことは一度もなかった。

言っている意味が分かるかい?

家もあったし、電気もあったし、水もあった。

何度か止められたことがあったが、彼女はすぐに復旧させてくれたんだ。

僕がNBAでルーキーだった時、会計士に「税金を申告するから、君の母に聞いてくれ」と言われた。

彼女の収入を調べなければならなかったんだ。

僕の母の年収は1万7000ドルだった。

僕は「わお、本当に貧乏だったんだ」と言ったものさ。

母は貧乏であることを僕たちに感じさせないようにしてくれたんだ。

実家が貧乏であることを知ったグリーンは、母親と家族の生活をサポートしている。

グリーンはこれからも母親に感謝し、彼女がさらに幸せになれるようにサポートし続けることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA