【スポンサーリンク】

バックスがトレードで八村塁獲得を狙う?

NBAタイトル奪還を目指すミルウォーキー・バックスは、フォワードのポジションの強化を必要としている。

これまでフェニックス・サンズのジェイ・クラウダーやアトランタ・ホークスのジョン・コリンズなどが候補として噂されてきたが、ワシントン・ウィザーズのフォワードも獲得候補リストに入っているのかもしれない。

hoopswireの記者によると、バックスはNBAキャリア4年目を迎えている八村塁に関心を持っているという。

八村は先日、ウィザーズにトレードを要求したと報じられた。

八村はトレード要求について「ノーコメント」としたものの、明確に否定しなかったため、ウィザーズが現地2月9日のトレード期限までに八村を放出する可能性は高いと見られている。

バックスではグレイソン・アレンにトレードの噂が浮上しているが、果たしてバックスは八村獲りに本腰を入れるのだろうか?

なお、八村の今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数30177
平均出場時間24.327.8
平均得点13.013.0
平均リバウンド4.35.1
平均アシスト1.21.4
平均スティール0.4
(キャリアワースト)
0.6
平均ターンオーバー1.21.1
FG成功率48.8%47.9%
3P成功率33.7%35.6%
フリースロー成功率75.9%77.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す