【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「ツール・ド・ウォリアーズでは平均以上」

シーズンが中断され、チームの練習施設も使用できなくなったことにより、NBAプレイヤーたちは自宅でトレーニングに励んでいる。

チームメイトやトレーナーと会うことのないトレーニングに孤独感を感じる者もいるであろう。

そんな中、ゴールデンステイト・ウォリアーズは各プレイヤーが自宅のトレーニングルームに備えているPELOTON社製のバイクを使い、バーチャルレースを開催した模様。

ステフィン・カリーによると、チームコミュニケーションツールのSlackを通してバーチャルレースの案内があり、開催する運びになったという。

カリーはウォリアーズのバーチャルレースについて次のようにコメント。NBC Sports Bay Areaが伝えている。

「ツール・ド・ウォリアーズの中で、俺は平均以上さ。だけど、表彰台にはまだ立ってない。台に上がるための方法を見つけないとね。常に目的とすべき何かがあるんだ」

「汗だくになる。良い気分だ。身体にストレスもあまりない。バスケットボールのゲームや一般的なウェイトルームから離れるのも、たまには良いね」

カリーによると、闘将ドレイモンド・グリーンはツール・ド・ウォリアーズでも闘志を剥き出しにし、全員をなぎ倒す勢いでチャレンジしているという。

互いに離れて生活しているものの、同じ時間に同じ方法で汗を流すことで、チームメイトたちを近くに感じ、安心感を得られることであろう。

ツール・ド・ウォリアーズは今後も開催されるであろうが、誰が1位の表彰台に上がるのか楽しみにしたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA