【スポンサーリンク】

トラビス・アウトロー「ブレイザーズはグレッグ・オデンをプッシュしすぎた」

トラビス・アウトロー「ブレイザーズはグレッグ・オデンをプッシュしすぎた」

2007年のドラフト1位指名でポートランド・トレイルブレイザーズに入団したグレッグ・オデンは、NBAを代表するセンターに成長し、ブレイザーズを牽引するプレイヤーになることが期待されていた。

だが、2007-08シーズンは膝の手術で全休すると、翌シーズン移行も怪我で苦しむことに。

2010-11シーズン中についにブレイザーズから解雇され、行き場を失ってしまったオデン。

ブレイザーズ時代にオデンのチームメイトだったトラビス・アウトローは、チームがオデンを酷使したことが問題だったと考えているようだ。

アウトローは当時のオデンについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「彼ら(ブレイザーズ)は彼をあまりにハードにプッシュしていたと思う。まずは彼に彼のプレイをさせ、それからフィードバックすべきだったと思うんだ」

「分かってると思うけれど、チームは1位指名で獲得した選手に対し、すぐに『これが1位で彼を指名した理由だ』と証明しようとするよね。私が思うに、まずは(センターの)ジョエル・プリジビラの役割を彼に与える。そうすれば、うまく成長しただろう。だが、彼らは彼のプロセスをスピードアップしてしまったんだ」

当時のブレイザーズにはブランドン・ロイやらマーカス・オルドリッジといった有望株が揃っており、オデンにはチームをタイトルコンテンダーに引き上げる働きが期待されていた。

だが、オデンは怪我に苦しみ、ブレイザーズから解雇されると、あまりのストレスでアルコール依存症に陥ってしまったという。

ここ数年は母国オハイオ州立大学でコーチとして働いたり、BIG3リーグ参戦が報じられるなど、積極的に活動しているオデン。

プレイヤーとしてNBAで結果を残すことはできなかったが、いつの日か指導者としてNBAチームを牽引してもらいたい。

なお、オデンが1位で指名された当時のドラフトトップ30は以下の通りとなっている。

指名順選手名
1グレッグ・オデン
2ケビン・デュラント
3アル・ホーフォード
4マイク・コンリー
5ジェフ・グリーン
6イー・ジャンリャン
7コーリー・ブリュワー
8ブランダン・ライト
9ジョアキム・ノア
10スペンサー・ホーズ
11エイシー・ロー
12サディアス・ヤング
13ジュリアン・ライト
14アル・ソーントン
15ロドニー・スタッキー
16ニック・ヤング
17ショーン・ウィリアムス
18マルコ・ベリネリ
19ジャバリス・クリッテントン
20ジェイソン・スミス
21デカン・クック
22ジャレッド・ダドリー
23ウィルソン・チャンドラー
24ルディ・フェルナンデス
25モリス・アーモンド
26アーロン・ブルックス
27アーロン・アフラロ
28ティアゴ・スプリッター
29アランド・タッカー
30ペテリ・コポネン

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA