【スポンサーリンク】

ジャレッド・ダドリー「ニックスはケビン・デュラントとカイリー・アービングを獲得できた」

長い再建期を抜け出せずにいるニューヨーク・ニックスは昨年夏、スーパースターのケビン・デュラントとカイリー・アービング獲得を狙っていた。

デュラントとアービングを獲得できていれば、少なくともデュラントが復活する来季はプレイオフチームに復活できていただろう。

では、ニックスはなぜデュラントとアービングどちらも獲得できなかったのだろうか?

ロサンゼルス・レイカーズのベテランフォワード、ジャレッド・ダドリーによると、ニックスのフロントオフィスに問題があったという。ダドリーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「正直に言おう。もしニックスが正しく運営されているなら、ニックスは彼ら(デュラントとアービング)を簡単に獲得できただろう。もしニックスがそれなりに運営されているなら、彼らはKDとカイリーを獲得できただろう。文字通り、正しいことすべてをしなければならなかったのさ」

計画がことごどく失敗し、今季も厳しい戦いを余儀なくされたニックスは、フロントオフィスの刷新に動いている。

だが、オーナーのジェイムス・ドーランに問題があるという向きもあり、ドーランにニックスから離れるよう求める声も少なくない。

厳しい状況を強いられているニューヨークにおいて、ニックスにはバスケットボールのメッカを取り戻すパフォーマンスを見せ、人々に勇気と喜びをもたらしてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA