【スポンサーリンク】

パトリック・ビバリー 膝のMRI検査を受ける

数週間前、膝を負傷したヒューストン・ロケッツのパトリック・ビバリーは、プレイオフにも出場できない可能性があった。

だが、レギュラーシーズン後半には復帰し、プレイオフ・ファーストラウンドの対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦でも先発出場している。

特にディフェンスでの活躍が期待されているビバリーだが、彼の膝は本調子ではないようだ。

日本時間22日、ビバリーが膝のMRI検査を受けたと報じられた。

検査結果では特に異常は見られず、ファーストラウンド第2戦にも出場する見込み。

日本時間21日の試合でラマーカス・オルドリッジと衝突し、右膝を痛めたビバリーだが、その後は足を引きずりながらプレイしていた。

痛めた箇所は、今季途中に半月板を損傷した箇所であり、状態を心配したロケッツがMRI検査を受けさせたようだ。

ブレイザーズとのシリーズを制するためには、ビバリーのディフェンスが欠かせない。

ダミアン・リラードにマッチアップしているビバリーだが、ビバリーがマッチアップした約38分間でリラードは18得点を記録。

一方、ビバリーがベンチに下がっていた8分間の間では18得点を挙げている。

ジェレミー・リンではリラードを抑えることができないだろう。

ロケッツは第1戦を落としているだけに、ビバリーに問題がなかったことは不幸中の幸いかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By bbm

    ダミアン・リラードにマッチアップしているビバリーだが、ビバリーがマッチアップした約38分間でビバリーは18得点を記録 ってとこの最後のビバリーはリラードじゃないですか?
    それにしてもビバリーがいなくなったらロケッツはだいぶ苦しくなるので、ビバリーには頑張って欲しいですね!

    • By nba-sweetdays

      ご指摘ありがとうございますm(_ _)m

      おっしゃる通りですね(^_^;)
      訂正させていただきました!

*

CAPTCHA