【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ ジェフ・ティーグへのマッチアップを希望する

ラマーカス・オルドリッジ、ケビン・デュラント、ダミアン・リラード、クリス・ポールは、今季のオールNBAに選出される可能性が高い。

プレイオフ・ファーストラウンド第1戦のアトランタ・ホークス対インディアナ・ペイサーズ戦で、オールNBAクラスの活躍を見せたのが、ジェフ・ティーグだ。

今季はキャリアハイの平均16.5得点を記録しているティーグだが、ファーストラウンド第1戦では28得点を挙げる活躍をみせ、ペイサーズを下している。

今月始めに行われた両チームの対戦でもティーグは25得点を記録しており、ペイサーズとしてはティーグを何とか抑えたいところ。

そこで名乗りを挙げたのが、ペイサーズのエース、ポール・ジョージだ。

自らティーグとのマッチアップを希望したというジョージだが、本来ならジョージ・ヒルがティーグを抑えるべきだろう。

だが、ティーグに対し、ヒルは簡単にペネトレイトを許している。

誰かがカバーディフェンスに行けば、アウトサイドにはカイル・コーバーが待っているため、容易にドライブを許してはならない。

ジョージはオフェンスの要であるため、ティーグへのマッチアップは体力的な負担がかかるだろう。

現在のところ、ジョージに申し出についてフランク・ボーゲルHCは「検討中」と話しているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA