【スポンサーリンク】

2014 FA選手TOP11~15

2014年の夏には、多くのNBA選手がFA権を取得できる。

FAとなり得るNBA選手TOP11~15を以下で2013-14シーズンのスタッツとともに見てみよう。

パウ・ガソル(LAL)

他チームへの移籍が噂されているガソルだが、コービー・ブライアント次第とも言われている。

また確執のあったマイク・ダントーニHCが辞任したため、残留の可能性は残されているようだ。

MIN
PTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
31.417.49.73.448.028.673.6-5.9

ザック・ランドルフ(MEM)

グリズリーズのオフェンスを担うランドルフ。

一時はトレードの噂もあったが、現在は契約延長の交渉をスタートしたと伝えられている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
34.217.410.12.546.710.074.22.2

ランス・スティーブンソン(IND)

才能、タフネス、情熱と3拍子揃ったNBAプレイヤー。

2013-14シーズンに成長を遂げたものの、一部では他チームへの移籍が噂されている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
35.313.87.24.649.135.271.13.7

ルディ・ゲイ(SAC)

運動能力と才能を備えた選手だが、チームを勝利に導けていない。

開花できれば一気にNBAスタープレイヤーにのし上がる可能性もある。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
34.720.06.02.945.533.082.2-0.9

ポール・ピアース(BKN)

ケビン・ガーネットとともにネッツへ電撃移籍。

ブルズがピアース獲得に興味を持っていると噂されているが、セルティックスで現役を退くも報じられている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
28.013.54.62.445.137.382.61.0

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA