【スポンサーリンク】

シュートタッチの改善に取り組むルディ・ゲイ

トロント・ラプターズのエース、ルディ・ゲイが、NBAキャリア8年で最もひどいシュートスランプに陥っている。

ゲイのキャリア平均FG成功率は44.7%。

まだ序盤ではあるが、今季は14試合を終了した時点でFG成功率37.5と、平均から大きく落としている。

平均得点についてはキャリア平均を上回っているものの、これは3P成功率が若干上がっているためだろう。

ゲイは、「ジムに戻って基本からやり直さなきゃね。シュートとジャンパーを練習しなきゃ。FG成功率が下がってることは一旦忘れて、試合に集中するよ」とコメント。

とはいえ、今季のラプターズは6勝8敗と負け越しているが、勝率で現在イースタン・カンファレンス4位と好順位につけている。

ゲイのシュートタッチが戻れば、さらに勝ち星を積み上げる可能性も否めない。

ダマー・デローザンとゲイのスコアリングコンビは、対戦チームにとって驚異の存在となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA