【スポンサーリンク】

2014 FA選手TOP16~20

2014年の夏には、多くのNBA選手がFA権を取得できる。

FAとなり得るNBA選手TOP16~20を以下で2013-14シーズンのスタッツとともに見てみよう。

ゴードン・ヘイワード(UTA)

再建期にあるジャズにとって厳しいシーズンが続いている。

中心選手として活躍しているヘイワードだが、ジャズは契約を延長しないと噂されているようだ。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
36.416.25.15.241.330.481.6-5.1

マーチン・ゴータット(WAS)

走れる、飛べるセンターとしてウィザーズのプレイオフ進出に貢献。

ゴータットスタイルにフィットしているため、ウィザーズ残留の可能性が高いと言われている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
32.813.29.51.754.210068.63.6

アイザイア・トーマス(SAC)

今季成長を遂げた選手のひとりだが、プレイメイカーとしての能力は不十分。

そのプレイスタイルからネイト・ロビンソンと比較されることがある。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
34.720.32.96.345.334.985.00.4

トレバー・アリーザ(WAS)

運動能力に優れるスウィングマン。

ディフェンススキルも高く、ウィザーズの成功を担った選手のひとりでもある。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
35.414.46.22.545.640.777.22.5

エイブリー・ブラッドリー(BOS)

ブラッド・スティーブンスHCの下、オフェンス能力の高さを示してみせた。

一方で、ディフェンスに課題が残る選手でもある。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
30.914.93.81.443.839.580.4-2.1

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA