【スポンサーリンク】

ミッチ・カプチャックGM「マイク・ダントーニHCの去就はコービー・ブライアントに関係ない」

来季の去就が注目されているロサンゼルス・レイカーズのマイク・ダントーニHCだが、コービー・ブライアントはダントーニHCを解雇すべきと主張し、ジョーダン・ヒルはダントーニHC続投ならレイカーズでプレイしたくないと発言している。

だが、レイカーズと複数年の延長契約を結んだミッチ・カプチャックGMは、ダントーニHC続投の方向で考えているようだ。

インタービューに対し、カプチャックGMは次のように答えている。

彼(ブライアント)の意見を汲む?

我々が(ダントーニHCの去就について)彼と相談することはないよ。これからも相談するつもりはない。

コービーがダントーニHCの解雇を希望しているからレイカーズはそれに従うと報じられたけど?

我々は彼(ブライアント)に相談してないんだ。我々の決定は前に進んでるよ。(決定まで)シーズンが終わってからもう少しかかると思うけど。

来季はNBAタイトルを争えるだけのチームにしたいからね。

コービーはどうするの?

彼なら問題ないよ。彼に選択権はないからね。試合に負けたとき、彼はヒートアップして怒鳴り散らしたり、誰とも喋らなくなったりするけど、それが彼がNBAでやってきた方法なんだ。


レイカーズと2年の延長契約を結んだブライアントは、すぐにNBAタイトル争いのできるチームを求めている。

一方のレイカーズはコービー引退後のチームについても考えなければならないため、ダントーニHCとの契約に頭を悩ませているのだろう。

なお一部報道によると、レイカーズはダントーニHCを来季も続投させると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA